Orinotawashi - JCAT

Description

BIOGRAPHY

  • Orinotawashi is a Japanese married couple of artists who are arousing interest by making artworks together using the technique of collage. Orinotawashi’s husband Norio was born in 1974 and grew up in the Tokyo culture. When he was a child, he loved animation, comics, movies and written stories. When he became a teenager, he met art under the influence of music.

    Orinotawashi’s wife Chifumi was born and grew up surrounded by nature in Nagano prefecture. When she graduated from the College of Industrial Design, she got a job in a building materials company. There, she mastered the technique of product design.

    In the wake of a traffic accident, Chifumi and Norio married. One day, they met an old man at the top of a mountain who taught them how to best live as husband and wife. After that, they started their art activities together.

    Norio gets the inspiration for art and Chifumi turns that image into something real with her techniques. The combination of their individual talents brings originality to their artwork.

    What do people think about their life in this era in this world? Orinotawashi wondered about it. Therefore, they have travelled around Europe and Africa (Spain, Italy, Zambia, Egypt, Morocco) for one year. They have stayed at an artist residency in a different country for two months. And they have learned about several parts of the world.

    They have a unique technique of collage. Collage means “gluing” in French. A collage is an image that appears accidentally by cutting and pasting. Orinotawashi explain this as serendipity. Orinotawashi are always making discoveries, by accident and observation, of things they were not in quest of. It is like giving birth. Orinotawashi’s collage is not only paper and acrylics… Journey, encounters, history, culture and destiny are also used as materials. They incorporate their life in a collage, too. They use various techniques and present their works as paintings, figures, clothes, a mud house or a book.

  • 檻之汰鷲(おりのたわし)は、夫婦で制作するユニークな活動スタイルと、独自に発展させたコラージュ技法によるアートワークで注目を集める日本人アーティストである。1974年に東京で生まれ育った夫のノリオは、幼少の頃から、マンガ、アニメ、映画で空想の世界に親しみ、10代になると音楽をきっかけにアートと出会う。27歳のときに、死を身近に体験するほどの交通事故に遭い、やるべきことを自分の中に発見し、独学でアート活動を始めた。

    妻のチフミは、長野県に生れ育ち、建材メーカーでプロダクトデザインのテクニックを身につけた。ノリオの事故をきっかけに結婚した2人は、ある日、山の頂上で出会った老人に、夫婦円満の秘訣は共通の趣味を持つことだと教えられ、一緒にアート活動をスタートする。ノリオがつくるアウトサイダーなイメージを、チフミがカタチを整え作品にし、そのコンビネーションは本人たちの想像すらも超えた地点に作品を完成させている。

    彼らは、コラージュ技法を発展させた独自の世界観を展開させ、(コラージュとはフランス語で糊付けの意味で、切り抜いた紙を貼りあわせ、予想しなかったイメージを出現させるアート。)彼らは、それをセレンディピティという言葉で説明した。なにかを探しているときに、別のなにかを発見することで、それは、わたしたちひとりひとりが生れてきたような類の奇跡だ。

    彼らは、この時代に、世界中の人たちが何を考え生きているのか知るために2013年から2014年にかけて1年間、スペイン、イタリア、ザンビア、エジプト、モロッコのヨーロッパとアフリカ大陸を巡り、アーティストインレジデンスに滞在しながら旅をしました。スペインのバルセロナでは、アイルランド出身のアーティストがつくるカラックというボートに出会い、地中海を冒険した。その体験から「UMI-Birth,Create,Sea」という作品が誕生し、その作品を買った女性は、まるでタイトルに影響を受けたように、妊娠し出産し、子供の名前は、偶然にも櫂人(かいと)と名付けられた。彼らの作品は、度々このような偶然の一致を起こし、それが、彼らのいうセレンディピティだ。檻之汰鷲(おりのたわし)は、紙やアクリルという素材だけでなく、旅、出会い、歴史、運命や人生までも素材として、生きること自体をコラージュして、作品が起こすセレンディピティをいつも楽しみに制作している。作品が、誰かの人生に小さな奇跡を起こすこと、それが彼らにとってのアートである。


PORTFOLIO

Back to Artists

NewYork/BrooklynやArt/Artistの情報をNews letterにしてお届けします。

About JCAT

JCAT-Japanese Contemporary Artists Team in New York, is a unique, creative team based in Brooklyn, New York. Our mission is to represent young, talented Japanese artists from around the world, and to assist these artists on the path to successful careers.

Associated with:





CONTACT INFO

170 Tillary St, Suite 105, Brooklyn, NY 11201

info@jcat-ny.com

347-987-4606

.singlepost_body img { width: 100%; height: auto; }